女性に多い!知らないうちに薄くなる「びまん性脱毛症」とは?

625

男性の場合、おでこやつむじなどがはっきりハゲてしまうことが多いですが、女性は男性とは違い知らない間に全体的に薄くなっていることが多いです。女性の場合、だんだんと薄くなっていくのに気がついたら、びまん性脱毛症にかかっている可能性がありますが、どのような特徴があるのでしょうか?


分け目の薄毛はびまん性脱毛症のサインかも

全体的に薄くなるびまん性脱毛とは

  • 気がついたら薄毛になっていた・・・
  • 抜け毛の量が増えたような気がする・・・

こんな悩みをかかえている女性が増えています。

共働き世帯が増えて男性と同じように働くようになった女性は、昔と比べてホルモンバランスが崩れることが多くなっています。

ゆるやかな進行をする「びまん性脱毛」は、女性ホルモンが大きく関わるため、男性より女性の方が発症しやすいと言われています。原因としては、生活習慣・ストレス・加齢などが考えられますが、特に女性ホルモンのバランスが乱れることで起こりやすいと言われています。

見た目では進行がわかりにくい脱毛症なので、早めに気がつけるかどうかが改善の早さを分けます。それでは、びまん性脱毛症について詳しく見ていきましょう。

びまん性脱毛症の症状とは

びまん性脱毛症の種類

びまん性脱毛症と分類される脱毛症の中にはいくつか分類があります。

1)FAGA

AGA(男性型脱毛症)に対しFemale(女性)をつけて、Female Androgenetic Alopecia(FAGA)と呼ばれています。

女性は男性の薄毛とは異なり全体的にまばらに薄くなっていくる場合が多いので発見が遅くなり気づかないうちに進行していくことがあります。

FAGAは女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因であり、ストレスで自律神経が乱れたり、更年期にさしかかりバランスが悪くなることにより発症しやすいと言われています。

女性ホルモンは髪の成長サイクルである毛周期の中で成長中の髪が、成長が止まる「休止期」へ移行するのを遅らせる働きがあるため、女性ホルモンが少なくなると休止期に入る髪が多くなり、その結果脱毛が増え量が減るということが起こります。

女性ホルモンが減ると対象的に男性ホルモンが増えますが、これにより皮脂が過剰に分泌されるようになり角栓などが出来て頭皮環境が悪化して薄毛がひどくなる場合があります。

2)急性休止期脱毛症

ストレスや手術で大量出血をしたり、無理なダイエットをして栄養が充分にとれていなかったりといったことがきっかけで起こります。

毛周期の関係で、こうした症状があった3~4ヶ月後に発症します。

また、ホルモンに関わる甲状腺機能低下、更年期など女性ホルモン量の変化でも起こり、出産後の脱毛は急性休止期脱毛に当てはまります。

FAGAは男性ホルモンの影響により毛母細胞にダメージを受けるため軟毛化がありますが休止期脱毛症は本来成長長中の毛母細胞が休止期に移行している状況なので、毛母細胞がダメージを受けているわけでありません。

そのため髪の毛が弱々しくなるより、抜け毛が増え、ボリュームが減ったな、というような変化で気づくことが多いです。 

3)加齢による薄毛

FAGAと加齢による薄毛は判別しにくく、毛が細くなった、コシがなくなった、髪が根元から立ち上がらなくなった、というような症状が加齢による薄毛の特徴です。

加齢により女性ホルモンが減少すること、新陳代謝が遅くなり毛の成長もゆったりすること、毛包が活動しなくなっていくことが原因とされています。

びまん性脱毛症の原因、男性と女性の薄毛の見た目が違うわけ

男性の薄毛の場合、おでこやつむじが全く毛がないように見えるほど薄くなることがありますが、女性は男性のような見た目にはなりにくいです。

<男性の場合>

男性の場合は、男性ホルモンと結びつきDHT(ジヒドロテストステロン)という悪性男性ホルモンを発生させる5aリダクターゼが、毛母細胞の活動を抑制し成長を妨げることで毛髪が薄くなるのです。

そして、この5aリダクターゼがおでこやつむじなど、耳から上の「鉢」と呼ばれる部分に集中しているため、AGAも含めた男性は薄くなる場所が大体決まっているのです。

女性の場合、男性ホルモンの直接的な影響よりは、女性ホルモンのバランスが乱れて成長期が短くなることが原因なのでところどころ薄くなったり軟毛しか生えなかったりといった変化が起こります。

びまん性脱毛症の原因

老化

新陳代謝が悪くなり、毛周期の休止期の状態にある髪が増えるため、抜け毛が増え、さらに毛母細胞の活動も弱まってくるので、細く弱弱しい毛が増えるようになります。

加齢とともに薄毛になりやすくなり、60歳を越えた女性は個人差はありますが誰でも薄さを感じるようになります。

ストレス

ストレスで脱毛するというのは、ストレスにより自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れることが直接的な原因だと言われています。

女性ホルモンは髪の成長期を伸ばす作用があるので、女性ホルモンが少なくなると髪が休止期に入り始め、抜け毛が増えます。

こうしたストレスによる脱毛は毛周期の関係で3~4ヶ月後に現れるので、ストレスによる脱毛を疑う場合は期間をさかのぼって原因を探ってみましょう。

極端なダイエット

摂取した栄養は臓器など生命維持に必要なものから消費されていくので、体の末端にある毛根まで行き届く栄養はほんのわずかだとも言われています。

そのため、カロリー摂取を控え、栄養が不足した状態になると、毛根まで栄養がいきわたらず軟毛が増え、抜け毛も増えていきます。

経口避妊薬(ピル)

経口避妊薬は、女性ホルモンのプロゲステロンを摂取するもので、使用中は問題ないのですが、いったん内服を中止すると突然女性ホルモンの量が減ったことで休止期に入る髪が増えて脱毛が起こります。

びまん性脱毛症の進行度合い

女性の薄毛の進行具合は、ルートヴィヒ分類という見方で判断することが多いです。


女性は一番多いのがルードウィッグ型で、生え際の後退は なくヘアラインは保たれているものの、頭頂部から後頭部の範囲がびまん性に薄くなっていくタイプです。

ルードウィッグタイプは進行の度合いによって図のように3つのクラスに分けられます。
クリスマスツリー型は生え際から頭頂部の真ん中が、ちょうどクリスマスツリー状に左右に枝を広げたように薄くなっていくタイプです。別名オルセン型ともいいます。
FAGAハミルトン型は男性のAGAと同じ生え際にそりこみが入ったタイプです。FAGAについては、米国の25~40歳の女性の4分の1、40歳以上で半分がその傾向にあり、20歳後半から始まって、50歳代がそのピークで、20%の人に家族歴があるといわれています。

出典:ヨコ美クリニック

びまん性脱毛症を改善するには

びまん性脱毛症を改善するには、頭皮ケアや生活習慣の改善などのセルフケアや投薬治療、クリニックでの専門の治療等の方法があります。

1)睡眠時間・食事を改善する

食事においては、髪を作るもとになるタンパク質と、タンパク質を髪に変えるのを助ける亜鉛、また血行促進するビタミンEなどが髪の栄養にいいとされています。これらの栄養素を意識していつもの食事にプラスすることで髪にとって必要な栄養が補給できるようになります。

睡眠は22~2時は成長ホルモンが分泌され新陳代謝が促される時間帯なので、忙しくても時間を見つけてなるべくこの時間帯に寝ていることをお勧めします。

2)分け目を変えたり髪型を変えたりする

びまん性脱毛症が1番わかりやすい部位は頭頂部の分け目の部分で、この部分が広がっていくと薄毛だということが顕著にわかります。

分け目がいつも同じだと地肌が見えている部分にいつも紫外線が当たったり外気に直接触れたりしている影響で頭皮がダメージを受けやすくなり、その部分がどんどん薄くなってしまいます。

たまに分け目や髪型を買えたりして地肌が見える場所を変えるようにしましょう。

3)外用薬・内服薬を使用する

女性の薄毛の薬にも幾つか種類があります。

  • ミノキシジルを配合したロゲイン(専門クリニック)
  • 処方されるパントガール(皮膚科など)
  • リアップリジェンヌ(一般の薬局)

リアップリジェンヌ

医薬品だけではなく、市販の女性用育毛剤の使用も、長期的に薄毛を改善・発毛していくのに有効です。

自分に合う薬がわからないという場合は、クリニックで相談してみましょう。 

びまん性脱毛症は早めに気づいて対策

びまん性脱毛症は適切な治療法で改善

びまん性脱毛症は、全体的に薄くなったり分け目がだんだん広がってきたりといった微細な変化なので、気づかないうちに進行していた、ということも多い脱毛症です。

早く気づくこと、そして普段から頭皮を清潔に保って、女性ホルモンをすることが対策になります。

もともと女性は男性より髪が成長しやすく薄くなりにくいと言われていますので、諦めず改善していきましょう。

参考サイト

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

AGA治療の体験談(写真付き)

38歳スタッフ(男性)のAGA治療の体験談。頭頂部の写真を定期的に撮影しながら日記につづります。2017年2月14日のバレンタインデーの日から内服薬を飲み始め、4月下旬から銀座総合美容クリニックにて治療を開始。 AGAの治療を開始してから約半年が経過しましたが・・・

治療前[Before]治療6ヵ月後[After]

agaクリニックの体験談

この記事の著者


毛髪技能士。ヘアケアメーカーにてシャンプー、育毛剤、サプリメントの商品開発・企画を担当。育毛成分、頭皮からアプローチする育毛法について幅広くリサーチしつつ、AGAに悩む人に向けて育毛アドバイザーとしても活動している。