フィナステリドの効果と副作用、代表的なジェネリックはどれ?

327

フィナステリドは、20歳以上の男性型の脱毛症(AGA)に対して効果のある飲むタイプのお薬です。抜け毛の原因の男性ホルモンの量を減らすことで、抜け毛を抑える効果があります。誰が服用できるか、服用に対する注意点、どのようなジェネリックがあるか、現役の薬剤師がまとめましたので参考にしてください。


AGAって何が原因なの?遺伝?生活習慣?

なぜ女性よりも男性の方が、髪が抜けやすいの?

髪の周期は、通常1つの毛根に対して約2年~6年で生え変わっています。

しかし、男性ホルモンの量が多い男性の方(主に遺伝が要因)は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが、毛髪の成長期の期間を短くします(約数か月~1年)。そのため、あまり成長できずに毛髪が細くなったり抜けやすくなってしまいます。

これにより、徐々に薄毛になり脱毛が進行していくので、男性の方が毛髪が抜けやすいのです。

AGA対策といえばフィナステリド

フィナステリドの効果は?

フィナステリドは、20歳以上の男性における男性型脱毛症(AGA)に効果があります。後頭部などの脱毛部位に太く長い毛を増やすことが期待できます。

代表的な医薬品は「プロペシア」という名前で処方されています。その主成分であるフィナステリドを服用することで、頭皮部分に存在するテストステロンから薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)へ変換する「5α-還元酵素Ⅱ型」と呼ばれる酵素を選択的に抑えてDHTの濃度を減らします。これによって、DHTによる脱毛の進行を抑えることが可能になります。

5α-還元酵素Ⅰ型・Ⅱ型の違いについてですが、Ⅱ型は毛髪の毛乳頭内に存在し、前立腺や生え際、頭頂部などに存在します。一方、Ⅰ型は皮脂腺に存在しております。

他のAGA治療薬との違い

同じ脱毛の進行を抑える薬の中に、ザガーロ(有効成分:デュタステリド)というお薬もあります。プロペシアは「5α-還元酵素Ⅱ型」のみを抑えますので、選択的に毛根のDHTを抑える効果が期待できます。

他の内服薬は、ミノキシジルタブレットというものがあります。このお薬は、血流を改善して栄養を与えて発毛を促す効果があるので期待できます。このお薬はザガーロやプロペシアと薬の効き方が異なるため、同時に服用することは可能です。より発毛を期待したい方は、医師に相談してみてください。

フィナステリドを服用してから効果が得られるのは、約3ヶ月で現れる方もいますが、通常は約6ヶ月間飲み続けるようにしてください。中断すると毛髪が元に戻る可能性があります。

フィナステリドの副作用について

副作用として男性が気になるのは性欲減退ではないでしょうか。件数は少ないですが、性欲減退、陰茎の勃起力が弱くなるなどが報告されています。男性ホルモンの量を抑えるため、性欲減退(勃起不全や射精障害)が起こる可能性があります。

他に肝臓の機能が低下することがあります。初期症状しては、肌が黄色くなったり(黄疸)、疲れやすくなることがあります。このような症状が現れましたら、すぐに服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

また蕁麻疹・発疹、浮腫、抑うつ症状、めまい、胸が張ったり大きくなることもあります。

6ヶ月以上服用しても、抜け毛を抑える効果が得られない場合は、服用を中止して医師に相談してみましょう。

フィナステリドのジェネリック

日本の承認を受けているジェネリック医薬品は、7種類(2017年地点)あります。これらのジェネリック医薬品は、プロペシアよりもお安く購入することができますので、ご検討してみるのも良いかと思います。

承認済みのジェネリック医薬品

( )は製造販売元の会社名

  • クラシエ(大興製薬)
  • サワイ(沢井製薬)
  • 武田テバ(武田テバファーマ)
  • トーワ(東和薬品)
  • ファイザー(ファイザー)
  • SN(シオノケミカル)
  • TCK(辰巳化学)

ジェネリック医薬品について

新発売されたお薬(今回の場合、プロペシアになります)の特許が切れてから製造されたお薬のことを指し、別名、後発医薬品ともいいます。そのため、製造工程やお薬を作る添加剤は製造販売会社によって異なることはありますが、フィナステリドの有効成分や含有量は全く変わりありませんので安心してください。

ただ、今までプロペシアを服用していた方が、ジェネリック医薬品を服用したときに副作用を発症した場合は、添加剤による副作用の可能性が高いので、プロペシアに戻すことをおすすめします。

AGA治療の代表 フィナステリドを検討してみよう

AGA専門クリニックでお薬を処方して早めに治療を

フィナステリドが配合されているプロペシアは、男性の脱毛症に使用することができる、男性ホルモンを抑えて抜け毛を改善するお薬です。

薄毛や脱毛でお悩みの男性の方は、この記事を参考にして、AGA専門のクリニックへ受診してみてはいかがでしょうか?

全額自己負担ですので医療費が高いと思われると思いますが、早めの治療が重要です。症状が改善しやすい可能性があります。お近くのAGA専門のクリニックで早めに受診しましょう。

また、長期にわたって服用するお薬なので、医療費もかなりかかると思います。プロペシアのジェネリック医薬品もありますので、ぜひ参考にして医師に相談してください。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません

AGA治療の体験談(写真付き)

38歳スタッフ(男性)のAGA治療の体験談。頭頂部の写真を定期的に撮影しながら日記につづります。2017年2月14日のバレンタインデーの日から内服薬を飲み始め、4月下旬から銀座総合美容クリニックにて治療を開始。 AGAの治療を開始してから約半年が経過しましたが・・・

治療前[Before]治療6ヵ月後[After]

agaクリニックの体験談

この記事の著者


プロフィール情報:薬局薬剤師、医療ライター。現在、日本のみならず海外の医療論文収集を行いながら活動しているので、正確な情報をお届けすることに務めています。