女性がAGA?FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴と症状

628

女性のAGAは、男性のAGAにFemaleの「F」をつけてFAGA(Female Androgenetic Alopecia)と呼ばれています。不規則な生活やストレス、加齢、出産や更年期など身近なことで女性ホルモンのバランスが不安定になるのをきっかけに発症すると言われていますが、特徴的な症状について解説します。

最初に「いいね」してみましょう

女性のAGA、FAGA(女性男性型脱毛症)とは

女性ホルモンが大きく関わるFAGA(女性男性型脱毛症)

男性のAGAは男性ホルモンが原因ですが、FAGA(女性男性型脱毛症)は女性ホルモンのバランスが変化すると起こりやすい脱毛症です。

不規則な生活をしていたり慢性的にストレスがあったりすると自律神経が乱れホルモンバランスがくずれることがあります。

また、出産後や更年期に入ってからFAGA(女性男性型脱毛症)になる人が多いのも、女性ホルモンが急激に減ることが理由だと言われています。

女性の薄毛、FAGAの原因

FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴と症状

女性の薄毛の原因は主に加齢、男性ホルモンの影響、栄養の偏り、睡眠不足、不適切なケアなどによって起こり、「ところどころ薄くなる」状態を指して、びまん性脱毛症の一部とされています。

頭髪が全体的に薄くなり、頭皮が透けて見える症状が出るびまん性脱毛症は、FAGA(女性男性型脱毛症)や円形脱毛症、出産後の脱毛などの脱毛症の名称というわけではなく、あくまでその状態を指した言葉です。

休止期脱毛症も頭髪全体で毛量が減り、特に頭頂部や分け目の頭皮が透けて見え、見た目のボリュームもダウンすることから、びまん性脱毛症の一種と言えます。

FAGAの原因

FAGA(女性男性型脱毛症)の直接の原因は女性ホルモンですが、生活にかかわる身近な出来事がきっかけで女性ホルモン量が変化しFAGA(女性男性型脱毛症)を発症するという場合が多いです。

ストレス

ストレスで脱毛するというのは、ストレスにより自律神経が乱れ、ホルモンバランスが乱れることが直接的な原因だと言われています。

女性ホルモンは髪の成長期を伸ばす作用があるので、女性ホルモンが少なくなると髪が休止期に入り始め、抜け毛が増えます。

こうしたストレスによる脱毛は毛周期の関係で3~4ヶ月後に現れるので、ストレスによる脱毛を疑う場合は期間をさかのぼって原因を探ってみましょう。

極端なダイエット  

摂取した栄養は臓器など生命維持に必要なものから消費されていくので、体の末端にある毛根まで行き届く栄養はほんのわずかだとも言われています。

そのため、カロリー摂取を控え、栄養が不足した状態になると、毛根まで栄養がいきわたらず軟毛が増え、抜け毛も増えていきます。

加齢、出産や更年期などの体調変化

FAGA(女性男性型脱毛症)が発症しやすくなるのは、女性ホルモンが低下する30代以降になります。

特に更年期にさしかかった時期や、出産を機にFAGA(女性男性型脱毛症)を発症することもあります。

経口避妊薬(ピル)

経口避妊薬は、女性ホルモンのプロゲステロンを摂取するもので、使用中は問題ないのですが、いったん内服を中止すると突然女性ホルモンの量が減ったことで休止期に入る髪が増えて脱毛が起こります。

FAGAの進行度合い

FAGA(女性男性型脱毛症)は男性のAGAのような脱毛の仕方とは違います。

AGAの場合、ノーウッド・ハミルトン分類という指標を参考にしますが、FAGA(女性男性型脱毛症)の場合は、ルートヴィヒ分類を参考にします。

女性は一番多いのがルードウィッグ型で、生え際の後退は なくヘアラインは保たれているものの、頭頂部から後頭部の範囲がびまん性に薄くなっていくタイプです。

ルードウィッグタイプは進行の度合いによって図のように3つのクラスに分けられます。

クリスマスツリー型は生え際から頭頂部の真ん中が、ちょうどクリスマスツリー状に左右に枝を広げたように薄くなっていくタイプです。別名オルセン型ともいいます。

出典:ヨコ美クリニック

FAGAの治し方は?

産後の薄毛など、急性休止期脱毛症の場合、女性は基本的に女性ホルモンの影響で髪の成長期が長いため、ホルモンバランスが整ってきたら髪も徐々に正常に戻っていくことがありますが、FAGA(女性男性型脱毛症)は育毛剤などを使ったセルフケアとクリニックでの専門的な治療や薬の使用が代表的です。

FAGA(女性男性型脱毛症)の治療は、進行度にもよりますが、生活習慣やヘアケアなど自分でできるケアをしつつも、育毛剤などの外用薬を試し、それでも効果がなければ内服薬を使用したり手術を受けたりする、というような流れになっています。

<生活習慣改善・ヘアケアの徹底>

食事や睡眠を改善し、適度にリラックスしてストレスを緩和するなどの対策を少しづつ続けることで対処していきましょう。

食事においては、髪を作るもとになるタンパク質と、タンパク質を髪に変えるのを助ける亜鉛、また血行促進するビタミンEなどが髪の栄養にいいとされています。

これらの栄養素を意識していつもの食事にプラスすることで髪にとって必要な栄養が補給できるようになります。

睡眠は22~2時は成長ホルモンが分泌され新陳代謝が促される時間帯なので、忙しくても時間を見つけてなるべくこの時間帯に寝ていることをお勧めします。

また、ストレスがたまると自律神経に影響しホルモンバランスが乱れ産後の薄毛をより進行させてしまうおそれがあるので、適度にリラックスする時間を作って健やかに過ごせるようにしましょう。

<外用薬を使用する>

外用薬は発毛専用の成分、ミノキシジルの入ったロゲイン、クリニックですすめられることの多いパントスチンや市販の育毛剤などがあります。

女性用育毛剤は男性のものと比べユーザーが少なく男性ほど充実していませんが、女性のデリケートな頭皮にも使える無添加のものやアルコール不使用のもの、天然成分由来であることが特徴の育毛剤は人気があります。

例えば、インターネット上でもよく見かけるマイナチュレなどは、女性用薬用育毛剤の中でも人気で、薄毛改善に何かヘアケア剤が欲しい人におすすめです。

980円訴求バナー

<服用薬>

服用薬では、医薬品のパントガールがもっとも有名です。

もとはドイツのメルツ社が開発したもので、その効果と安全性認められ世界中に使用者がいる信頼性の高い薬です。

パントガールの特徴としては、

  • 費用が1万円以内で抑えられるため継続使用しやすい
  • 女性がかかりやすいびまん性脱毛症により効きやすい処方
  • 製薬会社の臨床試験により3ヶ月で被験者70%の抜け毛が減少し、20%の被験者は抜け毛が無くなる段階まで改善したことがわかっている
  • 優れた効果を持ちながらも副作用の報告が極めて少ない

などの優れた点が認められており、ユーザーの多いメジャーな治療薬でもあります。

また、女性ホルモン様作用のある薬やサプリメント、漢方の柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)なども治療に使用できます。

<クリニックでの治療>

クリニックでの治療では、頭皮に直接発毛成分を注射するメソテラピーや植毛などの手術が受けられます。

メソテラピーは費用としては1回につき10万円近くすることがあり、継続が必要なので、ある程度育毛に費用を掛けられる人に向いている治療と言えます。

また、どうしても発毛ができなかったら植毛をするという手もあります。

植毛は地肌にメスを入れるものと入れないものがあり、自毛移植がメジャーですが、髪の毛1本単位で費用が請求され30万以上の費用がかかることが多いです。

FAGAはセルフケアや専用の治療法で改善する

FAGAは早期発見・改善できるようにしましょう

女性ホルモンは20代をピークに徐々に減少していくため30代以降になるとどうしてもホルモンバランスが乱れがちになり更年期などをきっかけにFAGA(女性男性型脱毛症)を発症することがあります。

FAGA(女性男性型脱毛症)は生活習慣を正したり、ヘアケアで頭皮環境を良好に保つことで事前に予防するのがベストですが、発症してしまっても様々な治療によって改善することができます。

FAGAG(女性男性型脱毛症)のようなびまん性脱毛症は見た目がわかりにくいので、早く気付くことが何より大切です。

この記事は参考になりましたか?

参考なったら「いいね」ボタンをどうぞ

※Facebookには投稿されません
最初に「いいね」してみましょう

AGA治療の体験談(写真付き)

38歳スタッフ(男性)のAGA治療の体験談。頭頂部の写真を定期的に撮影しながら日記につづります。2017年2月14日のバレンタインデーの日から内服薬を飲み始め、4月下旬から銀座総合美容クリニックにて治療を開始。 AGAの治療を開始してから約半年が経過しましたが・・・

治療前[Before]治療6ヵ月後[After]

agaクリニックの体験談

この記事の著者


毛髪技能士。ヘアケアメーカーにてシャンプー、育毛剤、サプリメントの商品開発・企画を担当。育毛成分、頭皮からアプローチする育毛法について幅広くリサーチしつつ、AGAに悩む人に向けて育毛アドバイザーとしても活動している。